chamomile study room

-卒業生のコミュニティ-

【アロマとハーブの視点】で、カモミールの卒業生、受講生向けに行っているレッスンです。
いつもは【one to one lesson】ですが、希望者参加型レッスンです。
現在はオンラインで行っています。

  • 今起きている問題とアロマとハーブ
  • レッスンだけでは時間がなくて触れていない箇所
  • レッスンだけでは理解しにくいと思う箇所
  • レッスンで紹介できなかった最新の研究の紹介

     開催予定日:毎月第4土曜日10:30 - 11:30(変更有)

   受講対象者:資格取得クラス(ハーブ・アロマ)を受講中の方・卒業生の方

     スクール・講座申込フォーム

【2022・1月のstudyroom】

 

テーマ: 今、用いるべき!肯定的な触れるケア

日 程:2021年1月4日(土) 11:00-12:00

      オンライン開催(自由参加)

 

感染予防の観点と業務の効率化から触れる、触れられることが少なくなっています。

触れることで得られる情報の内容は量的にも質的にも違ってきます。

人が成長していく様々な場面(授乳から臨終)で触れる行為は繰り返されてきました。

身体に自然に備わっている本能的行動なのに、今後この方法で思いを伝えることは難しい状況です。

皮膚感覚は原始感覚なので、気持ち良ければ安心感や信頼感をもたらします。

気持ち悪ければ拒絶するなど判断力があることはわかっていました。

そんな中、皮膚は脳に匹敵する情報処理機能を備えているということがあきらかになり、

現在は、感情をコントロールする機能を有することもわかってきました。

皮膚における情報の流れが全身に大きな影響を及ぼすのです。

これからの“触れるケアのあり方”を考えます。

 

★【今、用いるべき!肯定的な触れるケア】のワークショップも開催予定です。

 Simple treatment-back and hands 《背中と手に触れるケア》

 リラックス効果の高い部位は背中と手の甲です。

 気持ちよさ、安らぎを感じる触れ方を体験します。

 

【12月のstudy room】

今年も、いつもと違う冬がやってきました。

δ株感染が落ち着いたかと思ったらο株の不安!

“話す・動く”という人間の行動そのものが規制されて2年!!

それぞれにストレス反応が出ています。

2021年、ココロの病気が身近なテーマとなりました。

やる気がでないなど更年期症状が重い、胃腸のトラブル、肥満、感情のメルトダウン、
眠れないなどなど。

"こうしないと、この状況はのりきれないから”だと考えましょう!

師走になりました。

2022年に向けて、変わる力と変わらない力を身につけましょう。


緊張をときほぐす居心地のよい環境をハーブで演出し、一瞬でも現実の環境から抜け出しましょう。
ストレッサーとなっている課題がすぐに解決できなくても、心的負担は大きく軽減されます。

 

☆2021年最後のstudeyroom
 12月4日(土) AM10:30~約1時間 オンライン開催

☆テーマ
 ストレス反応の軽減とハーブ ―気づかないところで自然治癒力が働くー

 【8月のstudyroom】

―コロナ禍で話題の“飲酒”について考える―

飲食店での酒類の提供禁止には、様々な声が挙がっています。

そのコロナ禍で飲酒量と外食が減ったことで、意識せず体重が減少して肝機能が改善!

している人達がいます!生活習慣病のリスクが減少につながります。

もちろん、ステイホームで飲酒量が増えた人も・・・・。

 コロナ禍で、健康に対する意識が高まったことは事実です。

 なぜ人はこれほど「酒」を飲むのが好きなのか?

一気飲みで命を落とす人もなくならないので、今は、学校で飲酒に強い体質かどうか調べたりするそうです。

 

アロマテラピーでは精油の希釈にアルコールが必需品で、なじみのある液体です。

コロナ禍で、感染制御必須アイテムでもあります。でも、汚れがある手指の消毒には

適しません。まずは流水と石鹸で手を洗ってから使用する必要があるといわれています。

 

この機会にアルコールと飲酒について、少し科学的に見てみましょう。

テーマ:コロナ禍で話題の“飲酒”について考える

オンライン開催:2021年8月1日10時30分~約1時間

【7月のstudyroom】

普通には老いたくない?若い老人と年とった老人とは?

イギリスでは、秋から3回目のワクチン接種計画が発表されました!

カナダでは49.5℃を記録しました!!

自然のサイクルに戦いを挑んできた結果なのでしょうか?

「老い」も人生における自然のサイクルの結果です。

ここのところ、老化の謎を解く書籍や研究の発表が目につきます。

植物療法を利用して“老いのテンポをゆるやかにして楽しむ”ことを提案したきた者として

【加齢にともなってカラダがおとろえていく仕組み】を考えてみましょう!

 

テーマ:「加齢にともなってカラダがおとろえていく仕組み」

時  間: 2021年7月3日(土)10:30AM~約1時間

★お好きな時間に自由参加です!

 

【4月のstudyroom】

今年の4月は、いつもと違っています。

“変わる力”と“変わらない力”が求められ・・・

自粛が続く中で、どんな時も否定より肯定が魅力的だと痛感・・・

そうこうしている間に、桜の季節はアッという間に過ぎて・・・

行動し続けることのむずかしさを感じながら、

まだまだ、できることがある!

 

テーマ:直接脳に伝わる「五感」刺激と繰り返し与えられる刺激「生活リズム」!

     不安が古い脳で起こったとき、それを前頭葉で安心に変える

 

今、パンデミックが人々に与える負担は大きく、「自律神経失調症」を疑う例が増えています。

「社会的孤立・寂しさ」を不安に感じていると答えた人の約60%は15~34歳だという調査結果に驚きます。

デジタルスキルでは、不安を解消できないことを示しています。

これは脳の視床下部という部分にある自律神経のコントロールタワーの故障です。

この不具合を起こさない可能性の高い方法は?

 

4月3日(土) 10時30分~約1時間

 

 

【2021・1月のstudyroom】

2020年は世界中の動きが止まりました。

絶対忘れない年になるだろうと思っていましたが、2021年はさらに悲惨で複雑な世界状況です。

この状況では、もう、“人が優しくなるしかない!”と思いました。

 

1月のテーマ:今、嗅覚を見直す時

         「新型コロナ感染症と嗅覚障害について」

 

新型コロナウイルスに感染すると、初期にまれに嗅覚障害を起こすことが報告されています。

突然、嗅覚を失うと、心理的にものすごい打撃を受けるようです。

大きな影響が及ぶのが食事。そして鬱の徴候を示すことが多いことも分かってきました。

精神的健康状態、情緒の安定に嗅覚は大きく影響するのです。

 

厳密に言えば、“におい”は知覚なので、頭の中にしか存在しません。

 

昔に比べて消臭技術が発達したことで、においは減っています。

幸せになる香りを楽しめるように、嗅覚を見直してみましょう。

多様な香りでより豊かな人生を生きることができます。

 

1月23日(土)10:30~約1時間

 

★大きく深呼吸して、自由参加です!

 

【11月のstudyroom】

コロナ禍!どう過ごしていますか?

「これからの生活」も気になります!

 

今話題のュヴェル・ノア・ハラリ「サピエンス全史」人類の誕生編を読んでみました。

コミック版です。

面白く、刺激になったので、ご紹介をかねてStudy room開催します。

 

なんとなく過ごしている方の再スタートの指針になれば・・・

モチベーションアップにつながるかも・・・

現代の社会を生き抜く知恵・・・

 

この辺で、いろいろ調子を整えて、今後に備えましょう!

 

時間: 2020年11月28日 10:30 AM -11:30AM

場所:オンライン開催